レッスン 6: 左手薬指でSとW,右手薬指でL,おまけで左手薬指X



半角/全角
1
2
3
4
5
6
7
8
9
0
-
^
¥
Back space
Tab
Q
W
E
R
T
Y
U
I
O
P
@
[
Enter
Caps
A
S
D
F
G
H
J
K
L
;
:
]

Return
Shift
Z
X
C
V
B
N
M
,
.
/
\
Shift
Ctrl
Fn
WIN
Alt
無変換
スペース
変換
カタ/ひら/ローマ
Alt
WIN
Ctrl

「S」,「W」は左手薬指

「S」は左手薬指のホームポジション,「W」は少し伸ばしててタイプします.

「S」と「W」を加えて次ような語句の入力ができます.

魚(さかな) 寒さ 色紙(しきし) ディスク 席(せき) 完成 相談 断層
轍(わだち) 爽やか(さわやか) 平和 絵を描く 本を読む 友達の輪 家を出る
大小 車庫 脱出 紹介 写真を撮影する 誤字を修正する

「L」は右手薬指

「L」は左手薬指のホームポジションです.

「L」の使い道

「L」は通常の日本語の語句の中にはでてきませんが,小さいかな(「あ」に対する「ぁ」,「つ」に対する「っ」など)を単独でタイプするときに使います.「L」を使ってタイプできる小さいかなには次のようなものがあります.
ぁ ぃ ぅ ぇ ぉ ヵ ヶ っ ゃ ゅ ょ ゎ

X も左手薬指

左手薬指のホームポジション「S」から,「X」は少し縮めてタイプします.右手薬指「L」と同様に小さいかなを単独でタイプするときに使います,JIS X 4063:2000 では小さいかなのローマ字入力は「X」でしたが,この規格は 2010年1月20日に廃止されています(Wikipedia ローマ字入力).